奥平大兼 NHK『ケの日のケケケ』進藤琥太郎役!映画『PLAY!勝つとか〜』

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

2003年9月20日生まれのハタチ。東京都出身の奥平大兼(おくだいらだいけん)さんは注目の若手俳優です。初めて受けたオーディションで見事、メインキャストに抜擢。それがデビュー作2020年に映画『MOTHER マザー』。その演技力と独特の雰囲気で存在感で、一躍脚光を浴びました。そこで今回は、
◎奥平大兼さんのプロフィール、
◎これまでの経歴や出演作品、
◎現在とこれからのことなどなどを紹介します。

もくじ

プロフィール

  • 名前:奥平 大兼(おくだいら だいけん)
  • 生年月日:2003年9月20日
  • 年齢:20歳
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型
  • 身長:173cm
  • 趣味:芸術鑑賞、洋楽・クラシック、ピアノ
  • 特技:武道空手(初段)、バスケットボール
  • 所属事務所:スターダストプロモーション制作2部
宇宙太

ピアノと空手ってカッコよすぎじゃない!

奥平大兼さんの歩み

芸能界入りのきっかけは、友達とはぐれたことから?

奥平大兼さんが俳優への道を歩むことになったのは、中学1年生の冬でした。自宅への帰り道に友人とはぐれ、渋谷駅の改札で足止めされていたところをスカウトされたのです。ただ、中学時代は部活や学校生活を優先し、芸能活動は消極的でした。

初めて受けたオーディションで大抜擢!

しかし、2018年11月に初めて受けた大森立嗣監督の衝撃作『MOTHER マザー』のオーディションに挑戦。そして演技未経験ながら数百人の応募者の中からメインキャストの周平役に抜擢されました。この映画は、実話をもとにした毒親と息子の歪んだ愛の物語で、奥平さんは長澤まさみさん演じる母親の息子・周平役を演じました。役作りのために食事制限をしたり、母親との関係に翻弄される息子という難役を見事に演じて、高い評価を得ました。この作品で、奥平さんは第44回日本アカデミー賞新人俳優賞や第63回ブルーリボン賞新人賞など、数々の映画賞を受賞しました。

テレビドラマでも活躍!

2020年には、TBS系金曜ドラマ『恋する母たち』でテレビドラマ初出演しました。その後も、『レンアイ漫画家』『ネメシス』『世にも奇妙な物語』などのドラマに出演しました。2022年には、WOWOWの『アクターズ・ショート・フィルム2』でドラマ初主演しました。また、ZIP!の朝ドラ『サヨウナラのその前に Fantastic 31 Days』で地上波ドラマ初主演しました。

続々と映画出演!

さらに2023年には、映画『君は放課後インソムニア』で映画初主演。この作品は、人気漫画家・大今良時さんの同名コミックを実写化した青春ファンタジーで、奥平さんは森七菜さんとW主演を務めました。その他にも、『マイスモールランド』『あつい胸さわぎ』『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』『ヴィレッジ』など、次々と映画に出演しました。

おもな受賞歴

  • 2020年度
    • 第44回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『MOTHER マザー』)
    • 第94回キネマ旬報ベスト・テン 新人男優賞(『MOTHER マザー』)
    • 第63回ブルーリボン賞 新人賞(『MOTHER マザー』)
    • 第30回日本映画批評家大賞 新人男優賞(南俊子賞) (『MOTHER マザー』)
  • 2023年度
    • 第15回TAMA映画賞 最優秀新進男優賞(『あつい胸さわぎ』『映画ネメシス 黄金螺旋の謎』『ヴィレッジ』『君は放課後インソムニア』)
宇宙太

そんなわけで、おもな出演作品もまとめてみました!

  • 映画
    • 『MOTHER マザー』(2020年) – 周平 役
    • 『マイスモールランド』(2022年) – 崎山聡太 役
    • 『あつい胸さわぎ』(2023年) – 川柳光輝 役
    • 『映画ネメシス 黄金螺旋の謎』(2023年) – 姫川烝位 役
    • 『ヴィレッジ』(2023年) – 筧龍太 役
    • 『ワンダーハッチ-空飛ぶ竜の島-』(2023年配信) -主演・タイム役(中島セナとのW主演)
    • 『君は放課後インソムニア』(2023年) – 主演・中見丸太 役(森七菜さんとW主演)
    • 『PLAY!〜勝つとか負けるとかは、どーでもよくて〜』(2024年)主演・郡司翔太役(鈴鹿央士さんとW主演)
  • テレビドラマ
    • 『恋する母たち』(2020年) – 林大介 役
    • 『ZIP! 朝ドラ「サヨウナラのその前に Fantastic 31 Days」』(2022年) – 主演・椿木宙 役
    • 『国際共同制作ドラマ「マイスモールランド」』(2022年) – 崎山聡太 役
    • 『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(2023年) – 星崎透 役
    • 『ケの日のケケケ』(2024年) – 進藤琥太郎 役

1ヶ月毎日インスタ日記チャレンジ?

奥平大兼さんは、2022年8月の1ヶ月間、ほぼ毎日日記のようにインスタをアップしていました。実はこの日記インスタ、以前に地元の友達とまったくのプライベートでやっていたものを思い出して、再チャレンジしたものです。クールなイメージとは裏腹に、意外なギャップが素敵ですね。 

バラエティにも続々出演!

『突然ですが占ってもいいですか?』で予言される?

奥平大兼さんは、3月5日のフジ系バラエティ『突然ですが占ってもいいですか?』にゲスト出演しました。吉か?凶か?奥田第兼さんを占ったのは、巫女(みこ)の血筋を持つ天星術の開祖で、多くの芸能人の運勢も占ってきた、星ひとみさん。映画『PLAY!〜勝つとか負けるとかは、どーでもよくて〜』で共演する鈴鹿央士さんとともに、ズバズバと性格や考え方を当てられて終始びっくりした表情が印象的でした。

フジ系バラエティ番組『千鳥のクセスゴ!』『今夜はナゾトレ』

奥平大兼さんは、3月5日放送の『千鳥のクセスゴ!』、さらに3月12日には、鈴鹿央士さんとともに『今夜はナゾトレ』にゲスト出演しました。映画『PLAY!〜勝つとか負けるとかは、どーでもよくて〜』コンビで大忙しですね。

映画『PLAY!〜勝つとか負けるとかは、どーでもよくて〜』

奥平大兼さんは3月8日から公開の映画『PLAY!〜勝つとか負けるとかは、どーでもよくて〜』で、鈴鹿央士さんとW主演にのぞみます。この映画は、eスポーツを題材に実話をもとにした作品です。徳島の高等専門学校を舞台にした青春映画で、いまどきの若者をリアルに映し出しています。

3月NHKドラマ『ケの日のケケケ』進藤琥太郎役で出演!

奥平大兼さんは、2024年3月26日(火)放送の第47回創作テレビドラマ大賞『ケの日のケケケ』に出演します。このドラマは、第47回創作テレビドラマ大賞受賞作で、27歳の若手脚本家「森野マッシュさん」のデビュー作となる短編作品です。
光がまぶし過ぎたり、音がうるさ過ぎたり感じるなど、「感覚過敏」の主演のあまね役にテレビドラマ初主演の當真あみさん、そのあまねの理解者である琥太郎役として奥平大兼さんが演じます。「生きづらさ」を感じる若者が自分の居場所を見つけ、周囲とともにお互いを理解し、成長していく物語で、尾野真千子さん、岡山天音さん、山田キヌヲさん、板橋駿谷さんなど実力派俳優と呼ばれる方々が脇を固めます。

2024年3月26日(火)よる10時から、NHK総合・BSプレミアム4Kで放送します。

『宇宙太’s eye』

「まだ二十歳なのに」なんて言葉はすでに失礼なのかも。なにしろ奥平大兼さんは、16歳の演技未経験から映画デビューし、その後も多くの作品に出演しています。そのデビュー作『MOTHER』の役柄も、衝撃的でした。奥平大兼さんは『MOTHER』に出演したことを「僕の基盤」といいます。
 
とはいえ、バラエティ番組で見かける奥平大兼さんの笑顔には、まだ「少年」のあどけなさが残ります。演技でのクールなルックスと繊細な演技とのギャップがいいですね。いまも、そしてこれからも、さまざまな役柄に挑戦していくことでしょう。

その振り幅の広さは、幼い頃からのピアノや空手といった習い事や、趣味の芸術鑑賞などで磨かれた感性がそうさせていると思います。やり続けてきたこと、頑張ってきたことは、いつかどこかで役に立つものです。それを実証している奥平大兼さんのこれからの生き方を注目せずにはいられません。

宇宙太

はい、今回も最後までありがとうございました!

シェアするあなたにHAPPYを♡
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ